[ワイリフ]バフで最強となったマスターイーの使い方を解説

ワイリフ

こんにちは、あとさんです。今回は最近パッチで調整が来て最強になったマスターイーのスキルや簡単な使い方について解説していきます。

初心者の方におすすめなのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

どんなチャンピオン?

まずマスターイーがどんなチャンピオンかについて話していきます。

マスターイーはファーム系ジャングラーと呼ばれるチャンピオンになります。名前の通りガンクよりファームを優先し、育っていくようなチャンピオンです。

マスターイーは他のジャングルのチャンピオン達に比べると序盤のガンク成功率は低いです。なのでファームをしてアルティメットを覚えてからガンクをすると決まりやすいです。

マスターイーの最大の特徴はありえないレベルの連戦性能です。敵を倒すとスキルのクールダウンが解消されるのに加え、対象指定されなくなるスキルがあるので、一度育ってしまえば止める方法がありません。

あとさん
あとさん

うまくいけばクワドラやペンタキルがよく起こります。

ただ、序盤はスキルの回転率が悪くチャンピオンの中でも弱い部類に入ってしまいますが、そこを乗り越えて数キルを獲得したらフィーバータイムが始まります。

マスターイーはタワーダイブが得意なチャンピオンなので上下のレーンがプッシュできていたらダイブを見るのも大事です。

1:1トレードでもマスターイーが育てば儲けものです。仕掛けられそうなときは積極的にいきましょう

スポンサーリンク

スキルの解説

マスターイーのスキルの解説をしていきます。

ダブルストライク

マスターイーの特性で、「4回連続で通常攻撃を行うごとに2回攻撃になり、追加ダメージを与える」という効果です。通常攻撃の回数が増えるので、後から紹介するスキルと相性がいい特性になっています。

また、2回攻撃の追加ダメージはAD150%分のダメージなので、装備がでるほど火力が桁違いになっていきます。

Q:アルファストライク

マスターイーの主力となる技です。調整が入ったのはこのスキルだけですが、この調整のせいでマスターイーが最強となってしまいました。

効果は「対象指定されなくなり、4体の敵に物理ダメージを与える。他の対象がいない場合は前の対象に25%のダメージを与える。通常攻撃でクールタイムが1秒短縮される」というものです。

赤文字のところが強化された部分ですが、これがよくなかった。

ファーム速度の大幅アップ、1対1がさらに強くなるといった事態になってしまいました。パッチノートではウージューが圧倒的にならないようにと書いてありましたが、圧倒的になってしまいました。

このスキルが発動している間は敵のスキルを受け付けないため、相手がスキルを打ってくると分かったりしたときに使うと効果的です。あとタワーダイブにも使えます。

また、相手のフラッシュなどについていくため、最初は近づいて通常攻撃をして、相手が逃げたらスキルを使って追うみたいな使い方が強いです

このスキルは一番最初にレベルを上げましょう

W:明鏡止水

このスキルは「最大4秒間詠唱でき、詠唱している間ダメージ軽減と体力を回復する」というもの。

体力の回復はそこまで大きいものではありませんが、自分の体力が低い時は回復量が上昇します。

このスキルの使い方はAAキャンセルに用いたり、相手の攻撃を少しの間だけ受ける時に使います。あとはタワーのダメージを軽減したりするのにも使えます。

使い方が難しいスキルなので慣れないうちはあまり使わなくていいです。

E:ウージュースタイル

このスキルは自動効果と発動効果に分かれています

自動効果は「ウージュースタイルがクールタイム中でなければ攻撃力増加」
発動効果は「5秒間通常攻撃が追加の確定ダメージを与える」
という効果になっています。

あまり自動効果を気にする必要はなく、戦闘が始まったら使うくらいの感じでいいです。ちなみにスキルレベルが上がるとめちゃくちゃ火力が伸びます。

R:ハイランダー

このスキルも自動効果と発動効果に分かれています。

自動効果は「キルまたはアシストを獲得すると通常スキルのクールタイムが70%短縮される」
発動効果は「7秒間スロウ効果を受けなくなり、攻撃速度と移動速度が上昇する。キルまたはアシストを獲得すると効果時間が7秒延長される」という効果です。

これもEと同じように戦闘が始まったら必ず使いましょうというスキルです。

移動速度が早くなるので、ガンクする時などは早めに使っておくのも有効です

スポンサーリンク

おすすめのルーン

続いておすすめのルーンについて解説していきます。

マスターイーのルーンはジャングラーなのでほぼ固定で以下の通りです

  • 征服者…継続戦闘で火力が大幅アップ
  • 凱旋…敵を倒すと体力を回復&35%以下の敵に火力アップ
  • ハンター‐巨人…敵を倒すたびに行動妨害耐性と体力増加
  • ハンター‐巨人…敵を倒すたびにスキルヘイストを獲得

征服者と凱旋で長時間の戦闘が強くなり、ハンターのルーンでさらに有利にしていきます。

一番下のルーンはオブジェクト重視する黒幕のルーンでもいいと思います。僕はハンターを使います。

スポンサーリンク

おすすめのアイテム

マスターイーのおすすめのアイテムについて解説していきます。

3コアまでは基本固定でルインドキングブレード、ウィッツエンド、デスダンスの順で積んでいきます。

それぞれの特徴を軽くまとめると

ルインドキングブレードはサステイン(回復)や通常攻撃に追加ダメージ
ウィッツエンドは通常攻撃に魔法ダメージが追加され、体力回復効果も
デスダンスは受けたダメージを3秒間にかけて受けるという特殊な効果

どれもマスターイーと相性がいいアイテムですが、特に高いシナジーがあるのがデスダンス

一部の受けたダメージを3秒間かけて受けることで生存時間を上げることができ、キルかアシストを取ると溜まっているダメージがすべてなくなり減少体力に応じて回復するという効果がついています。

この3コアができた段階がパワースパイクといってもいいでしょう。

残りのアイテムは状況によって選ぶのがいいです。でもよくわからないという方は敵の攻撃速度を低下させるランデュインオーメンや復活することができるガーディアンエンジェルを積みましょう。

マスターイーのポイント

マスターイーをプレイするのに大事なポイントについていくつか解説していきたいと思います。

マスターイーはプレイングがつい適当になってしまいがちです。大事な要点を意識しながらプレイしていきましょう。

オブジェクト意識は高く

マスターイーはオブジェクトを狩る速度がかなり早いです。がんばれば一人でバロンナッシャーを倒せるぐらいオブジェクトは得意です。なのでオブジェクトが沸いたら積極的に倒しに行きましょう。

ただ、序盤はオブジェクト付近で起こる小規模戦はそこまで強くないので、できれば周りのレーンが両方プッシュできている方のオブジェクトを取ることをおすすめします。

この考え方はマスターイーだけでなくlolの考え方として非常に重要です。

スキル回しを丁寧に

マスターイーの強さに気づくとつい適当にスキルを使いがちです。しかし、ぎりぎりの勝負が多いこのチャンピオンはスキル回しがとても大事になります。

どのタイミングでスキルを使うか、誰に使うかを意識するだけでもかなり変わってくると思います。

例えばこの場面、一見逃げるしかない場面ですが、マスターイーはここから逆転します。

後ろにはアニーとカイサがいますが、距離が離れているのでQスキルが全段シェンに当たります。

ビルド差はできているのでサステインとデスダンスの力で倒します。

シェンを倒すと凱旋とデスダンスの効果で回復するのでひとまず安心ですが、相手が追ってくるのであれば一旦逃げたふりをしてブッシュに隠れます。

この後は敵が近づいてからAAからQ、そしてEの通常攻撃で3キルです。

このように意識してスキルをまわせるとマスターイーの強さは一段と強くなると思います。ちなみにジャングルまわる時は右上の黄色いワードではなく赤色のワードを消せるやつがいいです。ジャングル初心者なので許して…

キルラインを見極める

マスターイーで重要なのは相手を倒せるか倒せないかのキルラインを見極めることです。

マスターイーは序盤と終盤でスキルの回転率が大きく変わるので自分ができる限界を見極めないと無駄に集団戦を起こして負けることになります。

相手をキルしたらスキルのクールダウンが短くなるというのを頭に入れて戦闘するのが大事です。先ほどの3対1の構図のように少し考えて行動できるといいです。

また、マスターイーは行動妨害に非常に弱く敵陣に飛び込むチャンピオンなので一度固められると一瞬で溶かされてしまいます。マーキュリーブーツで耐性をつけたとしてもきついです。

なので集団戦は基本的に後入りです。エンゲージ(戦闘を仕掛ける)役の人が入ってから自分も入るというのが理想的です。また、ルルやユーミといったエンチャンターがいてくれると無理な仕掛けもしやすいです。

最後に

今回の記事は以上です。いかがだったでしょうか。

マスターイーは使い方次第で強さがかなり変わってくるチャンピオンです。練習するほどキルラインが見えやすくなります。とにかく慣れが必要なチャンピオンです。

このチャンピオンは低ランク帯の方が活躍できるので初心者の方はぜひ使ってみてほしいです。ランク戦ではバンされてあまり使えないのが残念ですが。

おそらくナーフが入る予感がするので、ぜひナーフが来る前に遊んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました