[TFT set7]弱体化されてもまだ舞える?1コストリロール構成について解説

TFT

こんにちは、あとさんです。

今回は1コストリロールで星3を作る構成についてそれぞれの強みや弱みを解説していこうと思います。

直近のナーフで1コストリロールは大幅な弱体化を受けましたがまだ戦えそうな構成もありそうです。

スポンサーリンク

エズリアルリロール構成

まず一つ目はエズリアルリロール。最も流行っていた1コスリロールですね。

全体に当たるように翡翠の像を設置します。レオナは一番前でいいです

エズリアルをキャリーとし、レオナとタリックのガーディアンコンビをタンクとする構成です。

星3の優先度はエズリアル>レオナ>タリック>カルマです。カルマは星3にする必要はないです。重なりそうなら狙うくらいにしましょう。

エズリアルのアイテムはアークスタッフエンジェルとへクステックガンブレードは確定で、そのほかはグインソーやブルーバフ、ジャイアントスレイヤーなどを積みましょう。

この構成の強みは、

  • リロールタイミングもエズリアルのアイテムがあればそこそこ強い
  • ガーディアン2体が固く、エズリアルがフリーでダメージを出せる
  • エズリアルの横にタリックを置けばアサシン構成にも強くなる
  • 苦手な構成が少なく、うまくリロールが終わればTOP4がほぼ確定

エズリアルリロールはナーフされましたがTOP4率はまだまだ高いです。それほど万能な構成です。

エズリアルリロールの弱みを上げるとすると、こんな感じになります。

  • 競合などにより、リロールが遅れると負ける
  • サイフェンやヤスオなどのチャンピオンに入られるときつい
  • 1位になるには少しパワーが足りない

上の画像はジェイド6型ですが、他にもガーディアン4にしたりエズリアルを売却しアオシンキャリーにするといった構成があります。

エズリアルで序盤が作れてアオシンキャリーに上手く移行できると1位が見えてきます。

最初の段階でエズリアル・レオナ・タリックを抱えておくとこの構成がしやすいです。競合が少なく狙えそうだったら積極的にいきましょう。

オーグメントはジュエルロータスやアセンションなどの火力を伸ばすものや、戦略的敗北やトレードセクターなどリロールができるものがおすすめです。

スポンサーリンク

ニダリーシェイプシフター構成

2つ目はニダリーシェイプシフター構成です。でかいナーフを食らいましたがまだ現役のようです。

シェイプシフターで体力を大幅に上げてニダリーにひたすらキャリーしてもらうという構成です。

アイテムは基本デスブレード、グインソー、クイックシルバーです。妥協したくないですが、最悪クイックシルバーは他のアイテムでも行けます。安定感は下がりますが。

この構成の強みは、

  • HP増加によってニダリー星3から一気に勝てるようになる
  • ニダリーがアストラル持ちで集めやすい
  • ニダリーが倒されてもシヴァーナ・スウェインが何とかしてくれる
  • 全員耐久力があるのでどんな構成にもある程度戦える

ニダリーを集めるために序盤は必ずアストラル3を発動させておきましょう。あと、最初はゴールドを集めるのに専念しましょう。経験値は買わないように。

レベル4でハイパーリロールして二ダリーを集める方法もありますが、基本的にレベル5でのスローリロールで集めることをオススメします。

あとさん
あとさん

ハイパーリロールはゴールドを一気に使ってリロールすること、スローリロールは利子を50ゴールド維持しながらリロールをすることです。

この構成はニダリーに火力の大部分を任せているのでニダリーが倒されない配置を取ることが結構重要です。体力はあるとはいえ、防具はつけていないので敵のキャリーに狙われれば倒されます。

そして、シェイプシフター構成の弱みはこんな感じです。

  • 終盤敵の火力でニダリーが倒されやすい
  • シヴァーナが引けないと勝てない
  • ニダリーのアイテム依存度が高い
    ↪序盤で有利を作らないとTOP4は難しい

やはり1コストキャリーは終盤失速してしまうのでいかに序盤でゲームを作れるかがカギになります

シヴァーナがいないとシェイプシフター6に到達しないのでレベル8まで最速で上げてリロールしていきましょう。

また、この構成の影のキーマンとなっているのは実はニーコ。シヴァーナはスキルが発動すると対象指定不可になるのでその間に味方をニーコに守らせます。

ニーコは膨大な体力と強力な範囲スタンをもっているのでシヴァーナの防具が完成次第ニーコに防具アイテムをつけていきたいです。

1位を少し厳しいかもしれませんが、エズリアルリロール同様安定感のある構成になっています。

スポンサーリンク

セト竜術師構成

3つ目はセト竜術師構成です。これはもう時代遅れの構成でしょうか。

セトを星3にして戦う構成ですが竜術師やセトがナーフを受けた現環境ではかなり厳しそうな構成です。

アイテムはグインソー・クイックシルバーは固定。上はブラッドサースターをつけていますが、レイジウィングの回復があるので巨人の誓いやジャイアントスレイヤーでもいいと思います。てかそっちの方がいいです。

この構成の強みは

  • タンクが実質2体なので後衛がダメージを出せる。(ダメージが出るとは言ってない)
  • 竜術師6セト星3はニダリー星3よりパワーがあるので中盤までは圧倒できる
  • 後衛にアイテムを持たせられれば強い

正直あんまり思いつかなかったです。すいません。

この構成は強みより弱みの方がはっきりでてしまうんですよね。

終盤はセトの火力じゃたりない・サイフェンやアサシンで後衛はすぐ倒される
相性のいいオーグメントが少ない・対抗できない構成が多い

など結構たくさんあります。ただ、中盤の連勝で稼いだゴールドでヤスオ星2を作ってアイテムを渡すことができれば1位も見えそうです。そこまでいくのは相当難しいですが。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は以上です。いかがだったでしょうか。

今回はよく使われている1コストリロール構成を紹介しましたが、他にも条件によっては強い1コストリロールも存在します。

ブルーバッテリーカルマキャリー(まぁまぁ強い)、砲手セナキャリー(超弱い)、あとはタンク役のレオナやタリック、タムケンチが重なりそうなら狙うのもいいでしょう。

1コストリロールは比較的簡単に上位を目指せる構成ですが、競合(敵と構成・チャンピオンがかぶる)
には気をつけましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました