[TFT]set7の情報が続々解禁!注目点をピックアップして紹介。アオシンの解説も少々

TFT

こんにちは、あとさんです。

今回はTFTの新パッチであるset7の新情報について、個人的に重要な部分をピックアップして紹介していきます。

PS.宝物竜の説明を忘れていたので追加しました。追加前に見た方、申し訳ありませんでした。

スポンサーリンク

set7はドラゴンがメイン!

新パッチであるset7のテーマはドラゴンランドです。名前の通り、ドラゴンがメインのパッチとなっており、強力なドラゴン達が多数登場しています。

新特性もドラゴンがもとになっているものが多く、様々な特徴を持つ特性が多数追加されています。

ドラゴンはそれぞれが強力な能力を持つ代わりにset6のコロッサスのように2枠を消費します。そしてショップで買う時は通常のチャンピオンの2倍のゴールドが必要です。

tierが5のドラゴンを買うには10ゴールドが必要です。

LOL内の中で登場するドラゴンはシヴァーナとオレリオンソルです。2体だけ?と思うところですが、TFTオリジナルのドラゴンが追加で5体います。つまり計7体ドラゴンがいます。

シヴァーナとオレソルは10コストで、もう一体アオシンという10コストチャンピオンがいます。TFTオリジナルチャンピオンでランダムな敵に魔法ダメージを与えるというset6のベイガーのようなチャンピオンです。

といった感じにドラゴンを中心とした非常に楽しそうなパッチです。ドラゴンは自身の持っている特性を+3することができるので、ドラゴンは構成の核となることが多いでしょう。

次は個人的注目の特性について解説していきます。

スポンサーリンク

注目の特性

set7の新特性について、個人的に注目しているものを少し紹介していこうと思います。

余談ですが、TFTって特性の能力が全然違うのにある程度バランスが取れているのが本当にすごいと思うんですよね。ソーシャライトイレリアみたいな化け物もたまに紛れていますが、やりすぎたらちゃんとナーフとかしてくれるからこのゲーム好きなんですよね。

とTFT愛を語ったところで紹介に移ります。

シマースケール

まずはシマースケール。set6で言うマーセナリーのような金策特性です。

1コストから順にエイトロックス、ケイン、ボリベア、イダス(オリジナル)、ゾーイの5種類です。

特性が発動するとシマースケール特有のアイテムを獲得でき、条件を達成するとゴールドが獲得できるというようなアイテムになっています。

特性の効果が上がるたびにもらえるアイテムの量が増えます。最大効果では5個獲得できます。

おそらく簡単な条件のアイテムはもらえるゴールドが少なく、難しいものはもらえるゴールドが多いという感じだと思います。もらえるアイテムはランダムなので安定はしないですがロマンの塊のような特性です。

マーセナリーもset5のドラゴニックも大好きだったので、シマースケールも早く使ってみたいです。

バード

続いてはバードという特性です。これはそのまんまバードというチャンピオンの名前から来ています。

効果はショップのtier3~5のチャンピオンたちの出現率を上げるというものです。味方がたくさん生き残るほど出現率がどんどん上がっていきます。

海外の動画で一度バードを使って4コストと5コストチャンピオンしかでないような状況を作ることに成功している人がいました。ここまでくれば4コスト星3だけでなく5コスト星3も簡単に狙えそうです。

ただ、バード自身が5コストチャンピオンということもあり負けている状態で引いてもあまり強くなさそうです。シマースケールで金策して最速でバードを引いた時はかなり強そうです

ジェイド

先ほどの2つの特性はおそらくロマン砲なので、一つ普通に強そうなものを紹介します。

左から順にカルマ、タリック、アッシュ、ナー、アニビア、ニーコ、シオユー(オリジナル)、ソラカの計8体です。ドラゴンがいるので合計11まで数が伸びますが、最大効果は12なので、マックスまでいくには紋章が必要みたいです。

効果は「戦闘開始前に像が配置でき、像と隣接するチャンピオンは攻撃速度・最大体力に応じた回復のバフを受けられる。像が破壊されると周りの敵に体力の50%の魔法ダメージを与える」というものです

像はジェイドの人数が多くなるほど増加します。3/6/9/12ごとに効果が強化されます。

全体の耐久や火力が上がるのが特徴的ですね。感覚ではset6のケミテックに近いでしょうか。攻撃速度が上がるのでADキャリーが相性がいい感じですが、見た感じアニビア、ニーコ、ソラカは元はAPチャンピオンなので誰がキャリーチャンピオンになりそうかはまだよくわかりません。

おそらくジェイド特性を持っていなくても像の効果は得られるので、他の特性のシナジーによって大きく化けそうな気がします。

今回は個人的に気になる3つの特性について詳しく紹介しましたが、他にも面白い特性は沢山あります。海外ではもう動画が出ているのでぜひ見てみてください。

スポンサーリンク

オーグメントは続投

set6のコンセプトであったオーグメントシステムはset7でも続けて起用されます

特性ごとの新しいオーグメントやドラゴンを強化するものなど、様々なものがあります。自分が見て一番面白かったのは自分のHPを払い経験値を購入できるというオーグメントです。

2-1でHP20ほどですがレベルは7なのでチャンピオンが7体置けているという状況になっていました。そこから4コスト星4を作り優勝していました。超ハイリスクなオーグメントがもしかしたら他にも紛れているかもしれません。自分英語読めないのでよくわかりませんが…

また、試合に一度だけオーグメントの選択をリロールすることができるようになっています。これで相性の悪いオーグメントを引くことが少なくなったり、序盤に強いオーグメントを探しに行けたりと様々な戦術が生まれそうです。これは個人的にすごいうれしい調整です。

まだオーグメントの効果はわかりませんがきっと面白いものだらけでしょう。期待しています。

スポンサーリンク

宝物竜の追加

set7から宝物竜というアイテムをもらえるステージが追加されます

ステージ4-7のラプターステージが廃止され、アイテムをたくさんもらえるようになりました。

もらえるアイテムはランダムですが、リロールしてアイテムを選びなおすこともできます

これによりアイテム運による負けなどが減るので、勝ち進行は結構強くなりそうだなと思います。

おまけ:アオシンについて

ここからはオリジナル10コストチャンピオンのアオシンについて少し話していきます。

最初set7の紹介でメインチャンピオンの紹介で「Ao shin」と出てきて誰だこれ?となった方は多いと思います。僕も分からなかったので調べてみました。

すると、このチャンピオンはオレリオンソルの元になっているチャンピオンでした。見た目が似ているのでそんな気がしましたが、最初はオレソルではなくアオシンというチャンピオンが生まれる予定だったみたいです。

アオシンは風や天候を操り、浮遊により地形を無視できたりという効果にしようとしていたみたいですが、色々と問題が発生するとのことで見送りになり、その後スペースドラゴンことオレソルに繋がったみたいです。

チャンピオンの設定だけでなく、歴史までもが幻のドラゴンだったみたいです。TFTでは強力なAPキャリーとして活躍しています。早く使いたいですね。

最後に

今回の記事は以上です。いかがだったでしょうか。

ドラゴンがメインのパッチでどれだけうまくドラゴンを構成に組み込めるかがカギになりそうです。シヴァーナやオレソルなどのキャリー力はすごいみたいなので早く触ってみたいです。

set7は6月9日に正式リリース、その前の5月25日にベータ環境(PBE)が来ます。つまりもう来てますね。ベータからやりたいのですがテスト時期とかぶってできそうにないのが残念です。留年はできませんからね…

時間がある方はぜひアカウントを作ってベータ版を遊んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました