[ポケモンユナイト]誰でも使えるだっしゅつボタンのテクニックについて解説

ポケモンユナイト

こんにちは、あとさんです。

今回はだっしゅつボタンの有効的な使い方について初歩的なところから細かいテクニックまで解説していこうと思います。

だっしゅつボタンは使うタイミングさえ掴めばだれでも上手く使えるようになります。

かなりマニアックなテクニックまでありますが、知っていて損はないと思うのでぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

当たったら倒される技は避ける

まず、一番基本的な使い方は、当たったら倒される技が来た時にだっしゅつボタンを使うというのでしょう。

当たったら終わる技と言ったら、行動を妨害される技(㏄スキル)が大体です。

ピカチュウの10万ボルトだったり、カビゴンのヘビーボンバーだったり。

一回ccスキルを食らってしまうと他の敵と合わせて倒されることがあります。

特に大事な集団戦で㏄スキルに当たるとユナイト技も使えずに倒されることもしばしば。

当たったら終わると思うスキルはしっかりだっしゅつボタンを使いましょう。

また、㏄スキルだけでなく、ルカリオのしんそくなどの一回当たったらコンボにつながるスキルにも気をつけましょう。

スキルが飛んでこなくても、集団戦で立ち位置が悪いなと思ったら先にだっしゅつボタンを使うことも大事です。

通常攻撃を多用するエースバーンやゲッコウガは殴りながら立ち位置を変えられるので強いです。

スポンサーリンク

相手を追いかける

だっしゅつボタンは相手を追いかける際に使うも有効です。

このテクニックはかなり習得してほしいテクニックです。

格上相手でも追う方は有利

このテクニックは上の画像のように逃げている敵に対してだっしゅつボタンを使うだけです。

やることは非常に簡単なのですがいざやるぞ!となると意外に勇気がでないんですよね。

あと倒し切れなかったときのデメリットも結構大きいです。(反転を受けるなど)

ただ、序盤で成功すると相手の野生ポケモンを倒しやすくなるといった大きなメリットがあります。

敵を追うだっしゅつボタンは失敗してもいいので、勇気を持って挑戦しましょう。

スポンサーリンク

技をかわして反転する

ここからは瞬時の判断力が必要となる上級者向けの使い方になります。

技をかわして反転するというのは言葉だけではよくわかりませんよね。

例を話すとファイアローの技が一番わかりやすいです。

だっしゅつボタンで簡単に避けられる

ファイアローはブレイブバードやそらをとぶの威力が高く、これに当たってしまうと耐久力の低いポケモンは一瞬で倒されてしまいます。

なので、普通に考えると自分のゴール側にだっしゅつボタンを使って逃げるのが普通です。

しかし、逆に考えるとこの2つの技さえ当たらなければ倒されることはないです。

なので、あえて相手のゴール側にだっしゅつボタンを使い、ファイアローを倒すという考え方もできます。

この考え方は敵に奇襲をかけられた際に特に有効です。

もちろんファイアローだけでなく、ルカリオなどの突っ込んでくるタイプのポケモンに有効です。

ですが、周りに他の敵がいる場合は大人しく自陣のゴール側に引きましょう。

スポンサーリンク

通常攻撃の強化攻撃をかわす

最後に紹介するのは通常攻撃の強化攻撃をかわすというテクニックです。

このテクニックは実戦で使うタイミングはほぼないですが、かなりまれに使う機会があるので紹介します。

その前に通常攻撃と強化攻撃の仕様について理解する必要があります。

通常攻撃はどのポケモンも必中の攻撃となっており、必ず相手に攻撃が当たります。

しかし、強化攻撃は一部のポケモンは必中の攻撃ではなくなります。

例を挙げると、ルカリオやカメックス、フシギバナなど結構存在します。

強化攻撃は基本的に普通の通常攻撃よりも隙が大きくなります。

それを利用すると下の画像の様にして逃げ切ることができます。

強化攻撃は硬直が長い

絶対絶命に見えても相手にスキルが残ってないと分かっている場合は逃げ切れる可能性があります。

次の強化攻撃までの数を数えて、あきらめずに逃げ切りましょう。

そもそもこの状況を作ること自体いいことではないですが…

最後に

今回の記事は以上です。いかがだったでしょうか。

だっしゅつボタンはどんそくスモークの出現で少し弱くなりました。

しかし、だっしゅつボタンにしかできない技がたくさんあります。

だっしゅつボタンは通常攻撃を主軸とするエースバーンやゲッコウガや、距離伸ばしが強いルカリオやアマージョなどがおすすめです。

だっしゅつボタンは逃げだけではなく攻めにも活用していくようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました