[TFT]運ゲーを減らす!競合の対策方法について解説

TFT

こんにちは、あとさんです。今回の記事は、

あとさん
あとさん

・競合ってよく聞くけど分からない…

・競合の対策が分からない…

という方向けにTFTでよく起きる競合について、まず競合とはなんなのか、どのような対策をすればいいのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

競合とは

まず競合とはそもそも何なのかについて解説していきます。

競合は簡単に言うと「他の人と自分が狙っている構成がかぶる」ことです。

例えば、自分がアサシンの特性を持つチャンピオンを集めている時に他のプレイヤーもアサシンのチャンピオンを集めているといった状況です。

これの何がよくないのかというと、まずショップの仕様について理解する必要があります。

実は、ショップの中身は全プレイヤーで共有されています。コスト1のチャンピオンは全部で~体、コスト2のチャンピオンは~体とあらかじめ決まっています。詳しい数はわかりませんが…

仮にコスト1のチャンピオンがそれぞれショップに20体いるとしましょう。もし2人のプレイヤーが競合していて同じコスト1チャンピオンを星3にしようとしていたら、計18体も同じチャンピオンを集めることになります。

同じチャンピオンを買っていくと、それだけ他のチャンピオンのショップでの出現率が上がります。つまり、競合しているとリロールしても欲しいチャンピオンが出なくなり結果的に負けてしまうことが多くなります。

なんとなく競合がなぜ悪いかイメージができたでしょうか。競合は毎試合とは言わずともいつか必ず起きる現象です。競合したからこの試合は負けだ…ということでは決してないので安心してください

スポンサーリンク

競合を起こさないための対策

次に、競合を起こさないための対策について解説していきます。

複数の対策方法があるので、別々に分けて紹介します。

他プレイヤーの構成を常に見ておく

一つ目は他プレイヤーの構成を常に見ておくことです。

初心者の方はラウンドの待ち時間や対戦中に「ここからどんな構成にしようかな」「この試合は勝てるかな」と言ってついつい自分の盤面だけしか見ない場合があります。

暇になる時間があったらできるだけ相手の構成を見て、競合に繋がらないようにしていきたいです。相手を見ることで自陣の配置を変えて敵の対策をすることにもなりますからね。まぁ僕はYoutubeを見ながらプレイしているので言える立場ではないですが…

あとさん
あとさん

set6の場合はオーグメントなども目を通しておくといいです。初手のオーグメントで競合を避けられる可能性があります。

決め打ちのタイミングを遅くする

2個目は決め打ちのタイミングを遅くするです。これはあまり初心者向けではないですが一応紹介しておきます。

まず決め打ちというのは、「この構成でこのゲームを進めていく」と決めることです。例えば、この試合はアサシン達を使って上位を目指す!みたいな感じです。

決め打ちをすることで終盤の構成の形が明確になり、最終的に上位に残れるような強い構成になります。しかし、決め打ちのタイミングが早すぎると今回説明した競合が起こりやすくなります。

それぞれのチャンピオンには特性が二つ以上あります。仮にアサシンを集めていて、他プレイヤーがアサシンを集めていなくても、他の特性でかぶっており、なかなか同じチャンピオンが集まらないということが起こります。

これは特に星3を作って上位を狙おうとしている時には特に注意しておきたいです。

スポンサーリンク

競合が起こった場合の対処法

次は競合が起こってしまった場合の対策について解説してきます。

これも何種類かあるので分けて解説していきます。

競合先のプレイヤーのHPやアイテムをよく見る

まず競合が起きてしまった場合は競合先のプレイヤーのアイテムやHPを気にするようにしましょう。

もしHPが低かったり、アイテムが揃っておらずあまり強くなかったら、もちろん最初の方に倒されてしまいますよね。この時、倒されたプレイヤーが使っていたチャンピオン達はすべてショップに戻ります。

つまり、競合先のプレイヤーが先に倒されると、自分が欲しいチャンピオンが手に入りやすくなるということになります。この考え方はコスト3の星3チャンピオンを作るときに非常に有効になってきます。

競合していて自分の方が先にやられる場面はもうどうしようもないです。このような場面を作らないようにするのもTFTのPSの一つになります。

星3リロールをしない

次の対策は星3リロールをしないことです。

これはコスト1やコスト2のチャンピオンを星3にしないということです。競合していると同じチャンピオンが集まりにくいので、序盤でリロールをしていると大量に時間とゴールドを消費してしまいます。

そんなことをするよりは先にプレイヤーのレベルを上げてコスト4のチャンピオンの出る確率を上げて、先にコスト4の星2を作る方が得策です。僕は競合が起きたら基本的に最速でレベルを上げていき、その後でコスト4のリロールをしていきます。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は以上です。いかがだったでしょうか。

TFTはゲームの性質上毎回1位を取れるようなゲームではありません。運要素が他の世界大会があるようなゲームと比べて非常に大きいので仕方がないことです。

あとさん
あとさん

TFTは運要素が絡むので、世界大会とかではたくさんの試合をこなします。ここに来るプレイヤーは超一流で、コスト4の星3なんかもよく出てくるので見てて面白いです。

しかし、プレイヤーのPSも非常に大事なゲームとなっており今回解説した競合といったことに気をつけたりと注意すべき点がいくつもあります。今回の内容を少し意識するだけでも勝率が少し変わってくると思います。あと、決め打ちは悪いことではないので勘違いしないようにしましょう。

競合に気をつけるためにも序盤の構成は結構大事になってきます。下にset6.5の序盤で有利を取れる構成の記事を載せておきますので気になる方はぜひ。

今回の記事で競合で困る人が減ることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました